※閉店 安いトータルコーデ・一度だけならロリィタ体験サロン「メゾンドジュリエッタ」

※ロリィタ体験サロンMaison de Julietta(メゾンドジュリエッタ)は2019年1月31日をもって閉店しました。
閉店・撤退・倒産したロリィタ系ブランドまとめ

これからロリィタ体験するなら(2019年10月10日追記)
ロリィタ体験サロン「東京Kawaiiスタジオ原宿」が再オープン

安いロリィタ服を買い求めるのは、結局は安物買いの銭失いになりがちなので、わたしはおすすめしていません
少しずつでいいので、有名ブランドで買ったほうがいいです。

とにかくお金がない

それでも、すぐに着たいけどどうしてもお金がない、ということもあるでしょう。

ワンピース 3万円、
頭もの 5千円、
ソックス 4千円、
お靴 1万5千円、
お鞄 2万円、
お傘 6千円、

きちんとしたロリィタブランドさんでトータルコーディネイトすると、少なくとも8万円くらいかかります。

仮に予算が1万円だとしたら、粗悪なお品に手を伸ばすより、本格的なロリィタファッションを体験するのもいいかもしれません。

ロリィタ体験サロンMaison de Julietta

誰もがロリィタになれる・試せる・過ごせる・残せる、日本初のロリィタ体験サロンが、ラフォーレ原宿B1.5Fにある「Maison de Julietta」(メゾンドジュリエッタ)です。
ロリィタファッションに着替えて、ロリィタらしいヘアメイクをプロにしてもらい、プロのカメラマンに写真撮影をしてもらえます。

提携ブランド
・BABY, THE STARS SHINE BRIGHT
・ALICE and the PIRATES
・Angelic Pretty
・metamorphose temps de fille
・Innoccent world

有名なロリィタブランドと公式提携しているので、ワンピース(またはジャンスカ)、ブラウス、お靴だけでなく、パニエやソックスも貸してもらえますし、撮影時にお鞄やお傘も貸してもらえます
甘ロリが多いですが、イノワがあるのでクラロリ好きさんにもおすすめです。
たまに皇子系もあります。
(お洋服は入れ替えがあるので、常に必ずあるわけではありません。心配なときは店舗に直接お問い合わせください)

ゴシック系のブランドとは提携していないので、ゴスロリの体験は難しいかもしれません。

別料金で、ウィッグやつけまつげのレンタルも可能です。
手ぶらで行って帰れるので、修学旅行で東京へいく学生さんの記念撮影にもいいかもしれません。

やはり、
自力ではなかなかできないトータルコーデができる
お洋服にふさわしいメイクをプロにしてもらえる
・「不思議の国のアリス」風背景のスタジオ内で、周囲の目を気にする必要がない
・プロのカメラマンが、ロリィタらしいポージングを提案してくれる
・撮影用の小道具まである
・お写真という形に残せる
というのが主なメリットであり、魅力ですね。

いわゆる変身写真館は他にもありますが、ロリィタに特化しているところはここだけだと思います。

一度だけでいいから着てみたい

クラロリ・ロリィタファッションをしてみたいけれど、一度きりでいい
ずっと着たいわけじゃないから、買うのはもったいないし高くつく
そんな方にもおすすめです。

普段は見るの専門、という方も、ロリィタファッションに対する興味や好意があると思うので、一度くらい実際に着てみるのもいいかもしれませんよ(*´ω`*)

ロリィタファッションを着たいけど周囲の目が気になる

ほんとうは着たいんだけど、家族や友達の目が怖いし、なかなか勇気が出ない、という方にも嬉しいサービス。
年齢が気になって踏み出せないという方にもです。
せっかく着てみたいという気持ちがあるなら、一度も通らずに後悔するのはもったいないです。

撮影は三方が壁、出入り口部分はカーテンで仕切られたスタジオ内でするので、好奇の目を恐れる必要はありません
もちろん、スタッフさんはロリィタファッションが大好きな方々なので、「可愛い」と連呼してもらえて、プロのモデルさんになったような気分で撮影を楽しめますよ。

※ただし、フィッティングルームがひとつしかないため、着替えた状態で店頭で待機する時間があります
B1.5Fはロリィタフロアなので、否定的な視線や言葉が飛んでくることはあまりありませんが、他の見知らぬお客様から見られるのは絶対に嫌だという方は注意が必要です。

クラロリ・ロリィタデビューのきっかけにする

これからデビューするにあたり、基本的なコーデの仕方や、自分が好きなロリィタ傾向にふさわしいヘアメイクを知りたいという方にもいいのではないでしょうか。
メイクをしてもらっている間など、正直にそう話せば、アドバイスをしてもらえますよ。
ロリィタ系のファッション雑誌にメイクの仕方が載っていても、それがそのまま自分の顔に似合うとは限らないし、目指す方向性と異なる場合もあります。

ここで得た知識を足掛かりにして、本格的なロリィタデビューをするのもありですね。

メインのワンピースを決めたけど、頭物やソックス、お靴はどれを選んでいいかわからない…というときは、スタッフさんに相談にのってもらいましょう。

【スポンサーリンク】



いつもと異なる系統のロリィタを楽しむ

わたしは普段、クラロリを愛用していますが、甘ロリも大好きです。
家族からの弾圧が激しくて(笑)通れなかった道で、今となっては普段から着たいわけでもないので、ここでコテコテの王道BABYを楽しみました!

逆に、いつもは甘ロリ一筋な方がクラシカルな装いをしてみる、というのもいいのではないでしょうか?

友達とも楽しめる・持ち込みができる

友達と申し込んだ場合、一人ずつの写真と、友達と一緒の写真と、両方を撮ってもらえます。

また、思い入れのあるアクセサリーや小物など、持ち込みで撮影してもらうことができます。
リース契約の関係上、メインのワンピースやジャンパースカートは持ち込めません。
※規約は変動するので、ご予約前に確認するのが確実です。

実際に利用した感想とデメリット

デメリットももちろんあります。
ここからは個人の率直な感想を書きます。

・大勢の人が着ているので、かなりの使用感がある
定期的に入れ替えのあるワンピース・ジャンスカ、セットの頭物はともかく、ブラウスやお靴はかなり着倒した・履き倒した感があります。(運よく入れ替えの時期にあたれば別ですが…)
ワンピースでも、ボタンがとれかかっていたり、リボンがほどけていたりして、全体にお手入れ・管理が追い付いていない印象です。(一年以上利用していないので、改善されているかもしれません)
また、オープン当初は大量のお色・デザインから選べたお靴は、入れ替えがなくて破損したものから処分する一方なのか、選択肢がないほど激減していました。(新たに入荷する可能性はあります)

・ソックスがずるんずるん
新品のときは細身のソックスも、たくさんの人が履いたことによってずるずるに伸びてしまっていることが多いです。
自前のものがあるなら、持ち込んだほうがいいです。

・保管状態が良くないときがある
限られたスペースで運営しているので、仕方のないことですが、ボンネットが折り畳まれているために、装着した際、ブリムが綺麗な形にならず、畳み皺そのままの折り目が出てしまうこともあります。

・フィッティングルームがひとつしかないので時間がかかることがある
タイミングがうまくいかないと、予想以上に時間がかかるので、それこそ修学旅行の自由時間を利用する際などは、余裕をもってスケジュールを組むといいでしょう。

・ウィッグ代・つけま代が割高に感じる
この感覚は人それぞれだと思いますが、使い回しの付け睫毛(レンタルなので撮影が終了したら返却)に500円…する? ってちょっと思いました。
装着に慣れているなら、自前のつけまのほうがコスパ・衛生面双方からいってベターです。

こうしたデメリットから、クリーニングに出していても他人が着たお洋服に袖を通すのは抵抗がある方や、繊細な方には向かないかもしれません。無理は禁物です。

フェイクスイーツの販売も

店頭では、レンタルではなく、フェイクスイーツのハンドメイド作品の販売がされています。
取り扱われているのが大人気の作家様なので、入荷してもすぐに売り切れてしまうことが多々あります。
待ち時間などにチェックしておきたいです(*´ω`*)

気になる点はご予約前に確認を

サービス内容や価格は変動があります。
期間限定のコラボなどをしていることもあります。
ご予約前にぜひ確認してみてくださいね。

ロリィタ体験サロン「東京Kawaiiスタジオ原宿」が再オープン

【スポンサーリンク】



投稿者: 冬花

30代現役クラロリ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA