「何歳までOK?」クラロリ・ロリィタファッションと年齢

「ロリィタファッションは何歳まで着てもいい?」
クラロリに限らずロリィタファッションにおいてタブー視されている年齢について、個人的な考えをまとめてみました。なかなか触れにくい話題だからこそ、思いきって本音ベースです。

ロリィタを始める年齢の下限

「何歳から始めていいか」という話はほとんど聞きません。
下の制限なんてない、若ければ若いほどいいという人のほうが多いと思うんですが、わたしは義務教育中の方々のロリィタデビューについては疑問が残ります
「しちゃダメ!」なんて強い意見ではありませんし、そんな権利もありませんが…

まず一つ目の理由は、そもそもロリィタファッションというのは少女の年齢を卒業したけれど少女の心を忘れない大人の女性のためにあります。と、思っています。
一般の人に多いご意見ですが、「ロリィタファッションが許されるのは十代まで」というのは誤りです。
ロリィタブランドがターゲットにしているのも十代ではありません。
なので、まだ子どもといって差し支えない小中学生が着ること自体、ちょっと不自然というか…単に時代遅れな考えかもしれませんが、可愛いお洋服を着たいなら、可愛い子ども服を着たらいいのではと思ってしまいます。

二つ目の理由は、義務教育中=保護者の庇護下にある、という点です。
校則や門限など、様々な規則を息苦しく感じるかもしれませんが、それは同時に守られているということでもあります。
ルールに従っている限りは保護者や教師が守りますよということですね。
中学生くらいになると自由というものに憧れますが、自由には必ず責任がついてきます。人間というのは、意外とある程度の束縛があるほうが楽なものなんですよ。

もっと具体的な話をすると、ロリィタファッションは少数派で、かつ目立つため、あらゆる危険が伴います。
盗撮・痴漢・見知らぬ人に声をかけられるなど、一般のレディースファッションを身につけているよりも増えます。
もちろんやるほうが絶対に悪いに決まっていますし、悪質な犯罪を許す気はありません!
ただ、どうしても女性のほうが力が弱いので、危険を敏感に察知し、回避する能力が必要なんです。
くり返しますが、これは盗撮や痴漢などの犯罪を容認するものではありませんよ。殴る蹴るをしていなくても、「警察につきだしたら逆恨みされる」「本気で抵抗したら殺される」という恐怖を与えている時点で、力の差を利用した暴力ですからね?
義務教育中の方には、まだこの能力が備わっていないほうが普通なので、気軽な気持ちでロリィタデビューするのは危ないんじゃないかと思います。
何かが起きてしまってからでは遅いんです。
今は窮屈に感じるかもしれませんが、守ってもらえる時間はたとえ嫌でも終わりが来ますから、修了まで待ってもいいのでは? と個人的には思っています。
がんばって勉強して、校則のきつくない高校に合格するとか、自分の力で自由を引き寄せる手もあります。

賛同してもらえるかはわかりませんが、何にせよ義務教育中でロリィタデビューしたいときは保護者の方とよく相談してくださいね。
もし、お子様のロリィタファッションについてお悩みの保護者さんがここをお読みなら、上記の危険についてぜひお考えください。

【スポンサーリンク】



年齢の上限

「何歳までロリィタをしていいか?」という、いわゆる「卒業」ですね。
結論から言うと、「何歳まででも着たらいい」と思っています。
年齢が気になる方にクラロリをおすすめしているのも、当人の意識の問題であって、一般論として「甘ロリは二十代まで」などと思っているわけではありません。

年齢というのは、いつの時代も女性にとって大問題です。
わたしと同年代からお姉さま方が、十代の若い方に対してあまり批判するのも、良くないと思います。
自分も通ってきた道だから。
誰にでもありますよね、なかったことにしたい「黒歴史」。もちろん、わたしにもあります。
当時はクラロリではありませんでしたが、いま思い返すとほんとうに恥ずかしく、そのジャンルのお姉さま方に大変申し訳ないことをしました…。

若いというのは、すばらしいことです。
でも、二十歳くらいの方があまりに手厳しい過激な発言をすると、「あなたも必ずこの歳になるんですよ」と思います。
誰もがいずれ通る道なんです。
知識としてあっても、実感としてわかるのは26歳くらいから。いずれ自分も三十路になるなんて、まだ信じられないお年頃ですよね。これは女性にとって「ほんとうにある怖い話」です。

卒業のタイミングなんて自分で決めたらいいと思う理由はたくさんありますが、まず大きく二つ。
先ほども話したように、そもそもロリィタファッションというのは少女の年齢を卒業した大人の女性のためにあるということ。年齢として本物の少女のためじゃないんですよ。
もう一つは、ロリィタブランドのお洋服は安価ではないので、現実には社会人になってから本格的に始めるケースが多く、二十代半ばから三十代半ばが最も多い年齢層だということです。
アラサーから上の年齢のロリィタさんが仮に全員やめてしまったら、おそらくほとんどのブランドは倒産・閉店しますよ。そうしたら「二十代後半からはロリィタをしないで」と思っている人だって困るのではないでしょうか?

何より、一般のレディースブランドと違ってロリィタファッションは流行りすたりで着るものじゃなし、ましてや他の誰かのためでなく自分のために着るものですよね。
当人の美意識として、「皺が増えた、白髪が増えた、そろそろやめよう」と思い悩むことはあるでしょうが、外野がとやかく言うことじゃありません
気が済むまで、というと変ですが、満足するまで楽しんだらいいじゃない(*´∀`*) というのが個人的な意見です。
もしかしたら、友達や配偶者からそろそろ卒業して欲しいと言われるかもしれません。それは、個々人の問題でしょう?
「ロリィタは○歳で卒業すべき」という一般論とは論点が違います。

また、お気に入りのブランドの閉店やデザイナー様の交代により、自分の意志と関わりなく着られなくなってしまうことがあります。
これまでも多くの大手・有名ロリィタブランドが倒産・閉店・撤退してきました。
お洋服の質を落として値下げしたりしたら、固定客が離れてしまいます。最後までファンを裏切らず、いきなり全店閉店・完全撤退してしまうブランドが多いですよね。
これまででもそうだったのに、近頃は消費税増税、送料・交通費などあらゆるものの値上げをうけて、消費行動自体が控えられるようになり、ますます存続の危機は高まっています。
大好きなブランドのお洋服が発売されることが二度となくなってしまったとき、悲しみはしても後悔はしないように、思いきり着ておきたいものです。

最後に、好みというのは変わっていきます。40代でも「ぜんぜんあり」と考えていますが、50代、60代となると、ダメというより好きなお洋服も変わっている可能性が高いんじゃないでしょうか?
わたしも今はクラロリですが、十年後はおそらく違うんじゃないかと予想しています。
お気に入りのお洋服を十年、十五年と大切に着るわたしでも、緩やかですが好みの移り変わりはあります。
わたしの目標は、「可愛いおばあちゃんになること」です。
そのとき着ているものがロリィタブランドであってもなくても、そういう風に歳をとっていきたくて、今はそれの途中なんです。

…うまく話せませんでしたが、そんなこんなで、ロリィタファッションをたしなむのに年齢の上限はないと思います。
参考になれば幸いです!

余談

ジャンルに関わらずロリィタさんはたいてい美意識が高いので、特に二十代後半からはたゆまぬ努力をしていて、驚くほど実年齢より若く見える人が多いです。
これは「化粧が濃い」などの「若作り」とは違いますよ。

あきらかに自分よりお姉さまと見えても、「とても綺麗ですばらしくお洋服を着こなしている」と惚れ惚れする方もいます。
大切なのは、若くあることに固執するのではなくて、いくつであってもその歳なりに、お洋服をはじめ女性として生きることを楽しむことではないでしょうか。
それが結果として、若々しい、生き生きとした雰囲気に繋がるのだと思います。

クラロリ・ロリィタファッションにふさわしい体型とダイエット

【スポンサーリンク】



投稿者: 冬花

30代現役クラロリ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA