コートやワンピースなど、クラロリの秋2017!

読書の秋、運動の秋、食欲の秋…そして、ファッションの秋。
秋はロリィタファッションに最適な、過ごしやすくテンションも上がる楽しい季節です。
タイツにドロワーズにアンダースカートは真夏は暑すぎるし、涼しいお洋服というと限られてきます。
冬はどれだけばっちりコーディネイトを決めても、上からコートを着てしまうので、屋内に入らないとワンピース姿にはなれません。
気候としては春もいいんですが、花粉症持ちには憂鬱な時期…。


というのは、タイツやオーバーニーも履けるし、生地の厚いジャンスカや長袖のワンピースを1枚で着られる、すばらしい季節ですね!
まだ手袋もいらないので、指輪もし放題です。
しかし、そんな秋は年々短くなり、やっと夏が終わったと思ったら、いきなり冬が来てしまいます。
貴重な季節だからこそ、めいっぱいコーデを楽しみましょう!
クラロリブランドや、各ブランドのクラシカルなお洋服に注目です。

コート

Victorian maidenの「エレガントフリルトレンチコート」「ノーブルケープジャケット」はもうチェックしましたか?
真冬のコートは毎年発売されますが、薄手のトレンチコートはなかなかお目にかかれないので、欲しかった方は貴重なチャンスですよ!
春にもスプリングコート代わりにできると思います。

春も秋も短くなっているので、必要な期間自体は短いんですが、「真冬のコートはもう季節的に着られないけど、まだカーディガンやジャケットじゃ寒い」という、アウターに困る季節って必ずあるんですよね。
かといって気に入るデザインを一般のレディースブランドで見つけられなかったり。
なので、こういうお洋服を待っていた! という方も多いと思います。

しかも、なんと今回は撥水加工がされています。
クラロリに限らず、雨はロリィタファッションの大敵! いくら傘を差しても、ボリュームのあるスカート部分はどうしても濡れてしまって気になりますよね。
大切なお洋服が雨で傷んでしまうのは嫌ですし、かといってお洗濯はなかなかできませんし、雨の度にクリーニングに出すのではお金がかかって仕方ありません。なので、嬉しい仕様です。(「あくまで雨傘の補佐的なお洋服」と公式サイトで注意があります)

お色はブラック・ベージュ・ワインの三色。
ブラックは何にでも合わせやすいですし、ベージュは春先にも使いやすいですし、ワインは秋らしくて華やかなお色です。
トレンチコートはダブルのボタンにウエストのおリボン、裾のフリルによって、それ自体がワンピースのように着ることができます

ケープ好きな方はもちろん、アウターを着ることで中のお洋服がぜんぜん見えないのはテンションが下がるとお悩みの方に嬉しいのがケープジャケット
こちらもダブルのボタンにリボンタイがクラシカルで上品な、メイデンらしいお品です。リボンタイにあるワンポイントもすてき。
ロング好きな方は、通常のアウターだと丈感のバランスが悪いというお悩みがあると思います。
ハーフコートでもいいですが、ケープジャケットのほうが短めなので、足が長く見える綺麗なシルエットで着られるのではないでしょうか。

さらに、「エレガントリボンキャノチェ」「ウォータープルーフフリルリボントート」も同時予約です。

クラロリブランドではありませんが、ALICE and the PIRATESのコートもクラシカル寄りですてきです。
こちらはウールを使っているので冬用のコートです。
「プチセーラーショートコート」はコートにしては珍しいセーラ―カラーが特徴的。おリボンが多めなので、甘めが好きな方にいいと思います。
ロング好きさん必見なのが、「ヴィクトールロングコート」。なんと、着丈115cm!
これほど長いコートもなかなかお目にかかれません。
ケープもついているので、魔法学校の制服のよう。ケープなしで、まったく違う印象を楽しめます。
ちなみにこちらはメンズサイズ展開もありますよ。

Victorian maiden

長袖が着られるようになったら、メイデンのコットンフリルシリーズの出番!
「アンティークドールリボン」を除いて、「コットンフリルドールドレス」「ヘンリエッタブラウスワンピース」「クラシカルレースドールハット」は人気商品の再販なので、待っていた方も多いのではないでしょうか?
現在ご予約できるのは、残念ながらクラシカルレースドールハットのシュールージュ(ボルドー系のお色)のみですが、お目当てがある場合は「再入荷お知らせメール」の登録をおすすめします。
ご予約の在庫がない現状ですが、ご予約枠のみ完売しているのか、一般発売枠まですべて完売しているのか、発売日になるまでわかりません。前者の場合、発売日にまた新商品として並びます。

こちらもご予約段階ではすべて完売しているマジェスティックローズシリーズ、秋らしい落ち着いた配色と、華やかな花柄がすてきなシリーズです。

メイデンでは、ご予約枠の在庫がなくなった場合の他に、おそらく発売・発送に備えて予約を終わらせ切り替えるために在庫があっても一度「在庫なし」表示になる時期があります。
現段階で買えなくても諦めず、定期的な公式チェックが必須ですね。

Innocent World

先日の「再販アンケート」には参加しましたか?
どの人気シリーズが再版されるのか、発表が楽しみですね!

春夏物のセールや再販が続いていたイノワに、ついに秋の新作が登場しました。
「お月様と彼岸花」シリーズです。
お花のオリジナルプリントをよく展開するイノワでも珍しい印象の、真っ赤な彼岸花に、ぽつりと浮かぶ満月。
「奇跡の夜空」など、夜空シリーズは毎回大人気ですが、まだ比較的在庫に余裕がありそうなので、狙い目です。

さらに、ご予約はまだ始まっていませんが「クラシカルエレガントシリーズ」が発表されました。詳細をホームページで見ることができます。
落ち着いた地模様でプリントや柄物が苦手でも着やすそうな、軽くてやわらかい高級ジャガード生地を使用した、身頃がコルセットタイプの「オーナメントジャガードジャンパースカート」。
大胆な薔薇が印象的な、フロントの編み上げが可愛い、しっかりとしたゴブラン生地を使用した「ローズゴブランフレアージャンパースカート」。
ジャガードにゴブラン、秋の足音が聞こえますね。
両方とも胸元が大きく開いているので、同時発売の、スタンドカラーにジャボタイが付属した「ローズジャボブラウス」との相性は抜群でしょう。立ち襟にもジャボタイにも、形のはっきりとわかる薔薇のレースがあしらわれていて、ジャボタイの中央にあるハート形の薔薇の刺繍が印象的です。
イノワのアウターとして定番の人気商品、「バラレースミルフィーユボレロ」も、秋らしいレースまですべてボルドーのお色が久々の再販です。
イノワはカーディガンではなくボレロが主体で、襟元や、切り替えから下のスカート部分が綺麗に見せられます。

【スポンサーリンク】



ALICE and the PIRATES

ここからはクラロリブランド以外で、注目のクラシカルなお洋服を見ていきますね。

まずはアリパでご予約中「シャトー・ド・ヌヌースへようこそ」シリーズの「クラシカルメイドワンピース」と「クラシカルメイドタブリエ」
メイドの名前がついてますが、いわゆるメイド服ではありません。
深いグリーンと黒の展開があるワンピースは、1枚だとクラシカルで上品に、三つのおリボンで前をとめるタブリエと合わせればカントリーに可愛らしく、着ることができます。
コットン100%が嬉しいタブリエは、オフ白と生成りがあります。
クラロリさんには「メイドキャップ」や「くまみみピンクリップ」はおすすめしませんが、「フルールリボンピンクリップ」は薔薇の質感がすてきですね。

sheglit

ゴスロリ派でなくても、クラロリ好きならシェグリットのお洋服は上品で惹かれるものがあると思います。
特にご予約中の“Odette & Odile”プリントシリーズは大注目です。
オデットとオディール…はい、「白鳥の湖」がイメージですね。
黒と湖底のような深い青が、最後はともに湖へ身投げするオデット姫と王子様の物語を思わせます。
明るい青でもネイビーでもない、ほんとうに美しいお色ですよね。

同じ柄の、蝶のモチーフがついたパールチョーカーもうっとりするほどすてきです。
黒いベルベットリボンが秋らしいですし、長めなので、あえて前に持ってきて結ぶこともできます。
二連のパール部分は、短いほうが小粒で長いほうが大きめで、パールそのものは黒と白から選べます。
オデット姫風のホワイトのモチーフにはクリスタルのスワロフスキーを、オディール風のブラックのモチーフにはブラックダイヤのスワロフスキーを、27石使っています。
デザインも大人びていて、かつ物語があり、ベルベットのリボンやスワロフスキーには高級感もあります。
チョーカーのみ買っても、クラロリとの相性はなかなかいいのではないでしょうか。
お得なワンピースセット、スカートセットもありますよ。

まとめ

最初に書いた通り、秋は気候的にも、着こなし的にも、ロリィタファッションを一番心から楽しめるすばらしい季節です。
メイデンやイノワの冬のコートはまだ発表されていませんし、まだまだ暑くても来たる秋のために新作をチェックして、クラロリ生活を満喫しましょう!

【スポンサーリンク】



投稿者: 冬花

30代現役クラロリ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA