クラシカルロリィタの特徴と魅力

「ロリィタファッションに興味があるけど、クラロリとは何?」
初心者でも着やすいロリィタ服を探してる」
そんな方へのご紹介です。

クラシカルロリィタとは

クラシカルロリィタとは、ロリィタファッションのジャンルのひとつであり、その名の通りクラシカルなロリィタのことです。(お洋服、それを着る人のこと、ジャンルやスタイルを指します)
クラロリと略されることが多いです。

一部、クラシックロリィタと称する人がいますが、たいていのクラロリさんは「クラシカルロリィタ」とするため、前者の呼び方は嫌がられます。
傾向から考えても、「クラシック」より「クラシカル」のほうがイメージに合っているといえるでしょう。

間違った「ゴスロリ」

一般の人はよく、すべてのロリィタファッションをひっくるめて「ゴスロリ」と呼んでしまいますが、実はこれは間違いです。
ゴスロリもまたロリィタファッションのジャンルのひとつであり、ロリィタ全般を示す言葉ではありません。
この誤用の定着は、メディアがロリィタファッションを取り上げる際、どのジャンルであれ「ゴスロリ」と断言してしまうことが主な原因と考えられます。
また、同音異義であるナボコフの小説に起因するコンプレックスは放送に適さないため、そちらの誤解を避けるためにメディアは「ゴスロリ」をあえて使っているとも推測できます。

ただ、どれだけ定着していても間違いは間違いであり、どのジャンルに属していても、ロリィタさんは「ゴスロリ」の誤用を嫌がります。
非ロリの一般の方ならともかく、たとえ初心者であってもロリィタファッションに興味を抱いている人は特に嫌がられるので気を付けてください。

他にもあらゆる誤解や偏見があります。始める前にぜひご覧ください。
「ゴスロリ」とは? ロリィタファッションに多い誤解

ロリィタ、ゴスロリとの違い

ロリィタと聞いてまず思い浮かべる、とにかくひたすら可愛いことを追求した、レースやリボンがどっさりついた、砂糖菓子のように甘い装飾過剰なお洋服。
これらを特にカテゴライズするとき、「甘ロリ」と呼びます。
一般の人が「ゴスロリ」と呼ぶ際にイメージしているのは、実際には甘ロリであることがほとんどです。
ピンクやサックス、明るい赤などのお色が多く、プリントもポップでキュートな印象です。
(「姫ロリ」とも呼ばれます。甘ロリと姫ロリとの間に明確な線引きはなく、個人の感覚によります)
ロリィタファッション用語集

それではゴスロリとは何かというと、「ゴシックアンドロリィタ」の略です。
名前の通りゴシックとロリィタの融合であり、ダークで、朽ちた古城のような退廃的な雰囲気があります。
黒をメインに、白・ネイビー・ボルドーを差し色とすることが多いです。

甘ロリ、ゴスロリ、クラロリ
これらがロリィタファッションの三大ジャンルです。
ただ単に「ロリィタ」というときは甘ロリを指すことが多いため、ゴスロリ・クラロリのほうがジャンルの違いを示す言葉としてよく使われます。

言葉での説明より、それぞれのブランドでお洋服の画像を見るほうが違いはわかりやすいです。
甘ロリはBABY, THE STARS SHINE BRIGHT(ベイビーザスターズシャインブライト)、
ゴスロリはMoi-même-Moitié(モワメームモワティエ)、
クラロリはVictorian maiden(ヴィクトリアンメイデン)、
オンラインショップでお写真を見ると、ジャンルと傾向がなんとなくつかめると思います。

他にもロリィタはあらゆるジャンルがあります。
ロリィタファッションの種類とジャンル

「ロリィタ」という表記

ナボコフの小説に起因するコンプレックスと、ファッションとしてのロリィタとは、まったくの別ものです。
混同されるのは当然、嫌なことです。
音が同じで紛らわしいため、コンプレックスのほうとは別ものですよ、とわかりやすくするために、「-」ではなく「ィ」を積極的に使い、「ロリィタ」と表記します。

【スポンサーリンク】



クラシカルロリィタのブランド

初めてお洋服を買う際に、「クラシカルロリィタ」と検索をかけてしまうと、悪質なコピー品・類似品がヒットしてしまうことがあるので危険です。⇒安いロリィタ服を通販で買うリスク
代表的なブランドの直営店または公式通販を利用しましょう。

クラシカルロリィタの代表的なブランドは、Vicotrian maidenInnocent World(イノセントワールド)です。
よりクラシカルなのがVictorian maiden(愛称メイデン)、甘めでロリィタ要素が多めなのがInnocent World(愛称イノワ)です。
メイデンの直営店は大阪プレスルーム(本店)のみです。
イノワの直営店は大阪本店、名古屋店、新宿店があります、(原宿店は閉店しています)
その他のクラロリ系ブランドについては「上品なクラシカルロリィタ(クラロリ)のブランドまとめ」をご覧ください。

よく誤解されていますが、axes femmeやAmavelはロリィタブランドではなく、ガーリー系と呼ばれる一般のレディースブランドです。
着るだけで問題になるのではありませんが、「クラロリデビューしようと思ってaxesを買いました」「Amavelで今日はロリィタです」などという主張をしてしまうと、起きなくていいトラブルの元になるのでご注意ください。
また、お洋服はお値段相応のため、お安いこれらのブランドは素材や縫製の質があきらかに安物とわかります。
他のレディースファッションに関しても、お手頃なお値段のものは上質でないので、お嬢様感と品性が求められるクラロリでは成立しません。

クラシカルロリィタのブランド比較

クラシカルロリィタの特徴

ロリィタファッションの中では装飾が控えめで、丈感が長く、上品なお嬢様風の装いがクラロリの特徴です。
お色もシナモン、ショコラブラウン、ボルドー、白系など落ち着いたお色が多く、ピンクもありますが甘ロリのようなお色味ではなく、少しくすんだ感じのピンクで大人女子も着やすいです。
古きよき時代のご令嬢、中世英国貴族の子ども服、アンティークドールのような雰囲気が魅力的です。
お色味や丈感の長さ、気品と重厚感のあるデザイン性から、特に秋冬に最大限の魅力を発揮できます。
クラロリデビューするなら、今から準備するとちょうどベストな季節になるでしょう。

3枚重ねのパニエに縦ロールなど物理的なボリュームがある甘ロリ、派手なメイクなどインパクトの強いゴスロリに比べると、パニエを仕込む必要性がなくヘアメイクともにナチュラルな上品さが好まれるクラロリは、初心者でも始めやすいジャンルです。
可愛いお洋服が好きだけれど、パニエや姫袖、ヘッドドレス、ボンネット、大きなリボンカチューシャなど、いかにもなロリィタアイテムが苦手なら、クラロリがおすすめです。クラロリブランドでも売ってはいますが、避けて通れるアイテムだからです。
ただ、ボリュームや派手さがないというのは、あくまでロリィタファッションの中では、という話であり、クラロリも一般のレディースファッションとは「違う」ので、視線は集まります。

もともとクラロリが一番好きな人はもちろん、
「いきなりコテコテのロリィタ服はハードルが高い」
「ロリィタを着たいけど周りの目が気になる」
「ロリィタデビューするには年齢的に遅い(と自分で思っている)」
「可愛いお洋服を日常的に着たい」
そんな人におすすめです。

ロリィタファッションに興味がなかったとしても、「レトロでアンティークなお洋服」を探しているなら、クラロリ系のブランドに良い出会いがあるかもしれません。

クラシカルロリィタのコーディネイト例

「実際にクラロリのコーディネイトってどういう感じ?」
イメージが湧かないという方へ、一例を挙げてみます。

大人気のため再販の多い、Victorian maidenの代表作である「クラシカルドールドレス」のネイビーに、頭物は同シリーズのキャノチェ(ネイビー)、足元は「ローズガーデンオーバーニーソックス」のムーンライトブルーに、編み上げショートブーツのブラック。
レースの手袋に、お鞄は「メルヴェイユリボントランク」のネイビーまたはブラック。
雨の日には「ギャザーフリルアンブレラ」、晴れの日には「フェアリーフリルパラソル」。
すべてVictorian maidenでのトータルコーデです。

検索して画像を見ていただければ、なんとなくイメージしていただけるかと。
十代の方が着ても問題ありませんが、二十代半ばからこそ本格的に着こなしができるのがクラシカルロリィタ独自の魅力です。

【保存版】ロリィタファッションのコーディネイト方法まとめ
クラロリのコーディネイト例(イノワ編)

おすすめのロリィタ通販ブランド(クラロリ編)

【スポンサーリンク】



投稿者: 冬花

30代現役クラロリ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA