クラロリに似合うタイツ・靴下

クラシカルロリィタにふさわしいタイツストッキング靴下について。

冬は黒いタイツもあり

クラシカルなお嬢様風の装いが特徴のクラロリなので、冬であればごく普通の、無地の黒いタイツをあわせても大丈夫です。
むしろコーデによってはそれが一番いいときもあります。

ただし、一般的に売られているものであっても、赤やカラシ色などのタイツは避けましょう。
ロリィタファッションには合いません。
お色ものや柄物が欲しいときは、ロリィタブランドで買い求めるほうがいいです。

トーションレース付ソックス

レースのついたハイソックス・オーバーニーソックスは、「ロリィタといえば」な印象があります。

クラシカルロリィタブランドのInnocent Worldでも、トーションレースハイソックス・オーバーニーソックスが発売されます。
ただ、甘め・幼い印象になります。
白に白いレース、黒地に白いレース、黒に黒のレースの3色が基本です。
甘めなクラロリが好きなら、ひとつ好きなお色を持っておくだけで、どのお洋服にも合わせやすいので重宝します。
画像のようなラッセルレースはクラロリには甘すぎるので、レース付ソックスが良い場合はトーションレースにするのがおすすめです。

80デニールのタイツ素材ではなく、普通の分厚い靴下に柄模様が入ったもの(イノワのアンティークブーケオーバーニーなど)も、比較的甘め・少女っぽい雰囲気になります。

よりクラシカルな印象に仕上げたい場合は、タイツやプリントもののオーバーニーにしましょう。

クルー丈ソックス

真夏ならクルー丈(足首までの丈)の靴下や、素足にサンダルでもOKですが、露出をしないロリィタファッションの中でも特にクラロリはなるべく露出を避ける傾向があります
素足を見せる範囲をより狭くするほうがクラシカルになりますし、クルー丈ソックスやサンダルを合わせてもおかしくないお洋服は甘ロリよりも限られてきます。
初心者さんでコーデの判断が難しい場合、オーバーニーやタイツにするほうが無難です。

【スポンサーリンク】



プリントタイツ・オーバーニー

Victorian maidenでもイノワでも発売される、オリジナルプリントのタイツ・80デニールオーバーニー。
同じシリーズなら、柄物のお洋服に柄物のソックスでもうるさくはなりません。(一般の方から見れば違うでしょうが、ロリィタファッションとしては)
イノワの「奇跡の夜空ジャンパースカート」に「奇跡の夜空オーバーニー」、
メイデンの「ローズガーデンブラウスワンピース」「ローズガーデンオーバーニー」の同じムーンライトブルーなど。

メイデンの「Victorianローズレースタイツ」のように、地模様が入っているだけのレースタイツなら、無地・柄物どちらのお洋服にもコーデできますし、合わせやすいです
(画像はロリィタブランドのものではありません)

異なるシリーズで合わせるときが一番難しいので、コーデのセンスが必要になります。
特に、花柄のお洋服に、別の花柄のタイツ・ソックスを合わせる際はバランスに注意しましょう。
ひとつひとつで異なりますが、お洋服のほうがお色味が濃いほうが比較的合わせやすいです。

必ずしも同じロリィタブランドで揃える必要はありませんが、お洋服がクラシカルなのに、ゴシックだったり、甘ロリ特有のポップだったりするソックスはアンバランスになりがちです。
悪い意味で足元に視線を集めてしまいます。

ただ、逆にあえてソックスにインパクトを持ってくるコーデもあります。
Victorian maidenの無地のお洋服(たとえばクラシカルドールドレスなど)に、「ローズバタフライタイツ」「Victorian Queenタイツ」のような、パッと目を引く鮮やかな柄物のタイツを合わせます。
足元に目線はいきますが、この場合は狙ってしています。
ただ、上級者向けの難しいコーディネイトです。
お洋服のお色より薄いプリントなら、初心者でも合わせやすいです。(ネイビーのお洋服に淡いブルー系のタイツなど)

重ね履き

重ね履きするケースはいくつかあります。

・防寒のため
ロリィタブランドで展開されるのはだいたい80デニールなので、真冬は寒いです。
そのため、防寒用のタイツの上に、本来見せたいタイツを重ねることがあります。

・地模様を綺麗に見せるため
地模様のあるレースタイツは、それ1枚で履くよりも、中にストッキングやタイツを履いておいて色味を整えるほうが、綺麗にレース模様が見えます
地模様を目立たせず、よく見れば薔薇がある、というのも清楚でいいですが、重ねることでレースを強調するのもいいです。

・足を綺麗に見せるため
素足よりも、肌色のストッキングを履いているほうが、足は美しく見えます。
なので、ストッキングの上からハイソックスやクルー丈ソックス(夏場)を合わせるのも有効です。
夏は汗で、お化粧室での着脱が大変になりますが、足に自信のない人はこの努力でかなり違いますよ。
自分の肌と色味が同じストッキングを選ぶようにしてください。
色白を狙って地肌より薄いお色にしても、着痩せ効果を狙って濃いお色にしても、足だけが浮いてみえておかしいです。
ストッキングに直接パンプスを履くときはまた別ですが、この場合ぱっと見では肌色のストッキングを履いていることがわからないほうがいいので。

ただし、ストッキングにサンダルはおかしいです。
ストッキングは下着と同じ扱いなので、サンダルのように前後が空いていると、そこから下着を見せていることになってしまいます。

足を細く見せたい場合

全部ではありませんが、ロリィタブランドのプリントタイツ・オーバーニーは、白・生成り系にプリントがほどこされているものが多いです。
白は膨張色だから足が太く見えて嫌だ、という場合、普通の黒いタイツでも大丈夫です。
が、時期的に黒のタイツがおかしい・ただの黒いタイツではなくお洒落なソックスが欲しいなら、地模様が入った黒系のレースタイツがおすすめです。


【スポンサーリンク】



投稿者: 冬花

30代現役クラロリ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA