ロリィタファッションのコーデ画像を撮影・アップするときの注意

ばっちりロリィタで決めたなら、せっかくだから自撮りしておきたいですよね(*´ω`*)
今はスマホの内側カメラで手軽に、高画質で、誰でも撮れるので、とても便利です。
ですが、当たり前になり過ぎているからこそ、危機感が緩んではいませんか?
特にSNSなどネットにアップする方は、住所や本名が特定されないように気を付けましょう。

綺麗な写真を撮るために

まずは、後から見返しても満足できる、より綺麗な写真を撮る基本から。

・なるべく太陽光を入れる
雨の日はどうしようもないですが、晴れた日は、明るいうちに撮りましょう。
太陽の光は偉大です。
蛍光灯や、アプリの加工よりも、ずっと綺麗に撮れます。
お肌も自然な白さで写りますよ。

・背景の物をなくす
ものすごく散らかってる部屋が後ろに映っていたり、足元に脱いだ洋服やゴミなんかがあったら、どんなに可愛いお洋服を着ていても台無しです。
普段から整理整頓しておくのが理想ですが、最悪、そのときだけでも映り込む範囲の物をどかしましょう。

・少し上から撮る
これは好みにもよりますが、上目遣いのほうが、よりロリィタさんらしさが出ます。
カメラを正面に構えるより、少し上にしてみてください。
このとき、カメラと一緒に顔が上がらないように、顎は引いて撮りましょう。

痛ロリにならないために

ロリィタファッションはトータルコーデで着るものなのに、内側のカメラだけでは、全身像が撮れません。
このとき、役に立つのが全身がうつる鏡。
スマホで顔を隠せるので、ネットにアップしたい人も安心ですよね。

大きな鏡が自宅にある場合はいいんです。
「はしたない…」と思われないために避けたいのが、駅やショッピングセンターなどのお手洗いで撮影すること!
どんなに背景を切り取っても、ぼかしても、スタンプなどでデコレーションしても、「トイレで撮ってるな…」っていうのはわかります。
バレないだろうと思って撮っている方は、他の人の写真を見てみてください。自分だとわからなくても、他人のことはよくわかるもの。

可愛いお洋服で可愛いポージングをしていても、背景があきらかにお手洗いでは「痛い」と思われてしまいます(´;ω;`)

【スポンサーリンク】



自撮り棒を使う

「そんなこと言っても家に鏡がないの!」という方へ。
もちろん一番いいのは全身が映る鏡を買うことですが、狭い部屋だとけっこう邪魔になりますよね。持ち運びに便利な軽い鏡はお値段も張ります。
ひとつの解決策として、「自撮り棒」があります。
スマホを挟んでセットし、持ち手の部分を伸ばすことで自分と距離をとり、全身を映すことができます。

実際に使ってみるまで、「どうやってシャッターを押すのか」が素朴な疑問でした。
イヤホンジャックで有線接続し、自撮り棒の手元にあるボタンを押すことで、通常の自撮りと同じように撮影することができます。
機種によっては「Bluetooth」という機能があります。設定をする必要がありますが、無線で、リモコンでシャッターを押すことができます。
自撮り棒そのものの映り込みが嫌な場合、便利な機能です。

もうひとつ、かなり地道な方法ですが、自撮り棒にスマホを固定、自撮り棒を三脚で固定し、カメラのタイマー機能を使うというのもアリです。
iPhoneなら
1.カメラを起動
2.上部(または下部)にある時計マークをタップ
3.3秒または10秒を選択
4.シャッターボタンを押すと、タイマー開始
という簡単な操作方法です。
画面いっぱいに大きく数字が表示されてカウントダウンされるので、わかりやすいです。
※手帳型のカバーをつけていれば、スマホだけで机の上などに自立させることができるので、この方法だと自撮り棒も三脚も必要ありません。

わたしが実際に使用しているのは、こちらの自撮り棒。

上記の機能がすべてあり、360°回転することができ、レビュー評価がよかったので購入してみました。
下手に安いものを買って、スマホが落ちて破損するなどは嫌だなと思いまして。

使用感としては、悪くはありません。
ただ、軽いので、持ち運びには便利ですが、スマホをセットして自撮り棒を最大に伸ばすと、重みで三脚ではどうしても倒れます。
三脚を使うなら、短くした状態で、という感じ。
また、伸縮の際には回すことでロックをかけるんですが、ロックをかけてもすぐに外れてストンと短くなってしまいます。
わたしの使い方が下手なだけの可能性はありますが、参考までに。
楽天にも同じ商品がありますが、今はAmazonのほうが安いです。

お外で自撮り棒を使うときは、他の人の迷惑にならないよう、充分気を付けましょう。

SNSなどにアップするときの注意

モデルさんは別ですが、特にそういうお仕事はしていないなら、顔が映っている写真は避けたほうが無難です。
女性ですから、自衛できるところはするに越したことはありません。
スタンプで手軽に顔の部分のみ隠すことはできますが、技術のある人だとスタンプ程度の加工はとれてしまいます。
なので、顔の部分を切ってしまうとか、スマホやぬいぐるみなどで顔を隠した状態で撮影するなど、したほうが良いです。

自分以外の誰かが映っている場合、必ず本人の許可をとってからアップしましょう!
友達だからといって、勝手にアップしたりしては絶対にいけません。
また、知らない人(通行人とか)が映り込んでいる場合も、その部分を切るなどして、顔がわからないようにしましょう。

もうひとつ注意したい映り込みは、背景です。
たとえば、自動販売機。
自動販売機には住所が書かれているので、画像を拡大すると住んでいる場所や行動範囲を特定される恐れがあります。
マンホールも、その地域だけの模様のマンホールがあるので気を付けましょう。
駅名が写っていなくても、プラットホームが背景だと利用している人にはすぐわかります。
お外で撮るときは特に注意が必要ですね。

ほんの少しの、些細なことですが、より良い写真を残してロリィタライフを楽しみましょう!

【スポンサーリンク】



投稿者: 冬花

30代現役クラロリ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA