Victorian maiden取り扱い開始 ロリィタセレクトショップのメリット・デメリット

クラロリの人気ブランドVictorian maiden(ヴィクトリアンメイデン)が、通販のセレクトショップであるワンダーウェルトフルールでのお取り扱いが始まりました
※ワンダーウェルトは古着の買取販売です。新品はワンダーウェルトフルールです。

さっそく最新作アンダードレスシリーズ(シャーリングシフォンロングアンダードレス、レースリボンアンダードレス、ローズグリーティングタイツ)のご予約が始まっています。
メイデン公式オンラインショップではご予約特典期間中ですが、ワンダーウェルトフルールでは定価なのでご注意くださいね。

今回はロリィタファッションを購入する上で、セレクトショップを利用するメリットとデメリットをまとめてみました。
直営店にしろセレクトショップにしろ、初めての場合は店頭で実物を見て、できれば試着もしてからお買い物したほうがいいです!

メリット
・ブランドの枠を越えて同時にお買い物ができる
・送料や手数料の負担が減る
・直営店で完売したアイテムを買えることがある
・海外ブランドの取り扱いがある

デメリット
・直営店や公式通販の特典がつかない
・トータルコーディネイトが難しい

【スポンサーリンク】



セレクトショップのメリット

・ブランドの枠を越えて同時にお買い物ができる
これが一番大きいですよね。
そして、これの結果論として、
・送料や手数料の負担が減る
という利点が挙げられます。

たとえばVictorian maidenのタイツだけ買いたいと思ったとき、通販でそれのみを買うと600円の送料がかかりますよね。
もしも、BABYのヘッドドレスに買う予定のものがあったとして、これも送料が発生します。
でも、この二つをワンダーウェルトフルールで同時にお買い物したとすると、5,000円以上で送料は無料になるし(国内発送のみ)、入金の際にかかる手数料も一回で済みます。

上手に利用すると、お財布に優しい!
これは嬉しいメリットです。

もう一つ、大きな長所は、
・直営店や公式通販で完売したアイテムを買えることがある
という点です。

セレクトショップなどのお取扱店は、基本的に公式ブランド側と在庫を共有していません。(例外あり)
そのため、ブランド直営店でも公式通販でも完売している商品が、セレクトショップにはまだあったりすることがあります。
人気商品や幻のお品をゲットできる可能性があるのは注目ですね。
どうしても欲しいのに無い!(´;ω;`) という場合、お取扱店での在庫をぜひ一度チェックしてみてください。

・海外ブランドの取り扱いがある
特にワンダーウェルトフルールは、海外ロリィタブランドのお取り扱いが豊富です。
今は海外発祥のロリィタブランドがたくさん存在し、逆輸入ともいえる現象が起きています。
Baroque(バロック)やLIEF(リフ)などが有名ですね。
リフは特に、2017年に取扱店が一気に増えました。

画像を見て可愛い・欲しいと思っても、海外ブランドはちょっと手が出しにくいです。
ブランド公式通販は日本への発送に対応していないのが普通ですし、言語の壁もあります。
また、実物を見ていないとクオリティへの不安もつきものですよね。
ワンダーウェルトフルールは通販ですが、ケラショップやアトリエピエロ、フィジカルドロップなどの実店舗があるセレクトショップ・セレクト品もあるロリィタショップなら、実物を自分の目で見て納得してから買うことができます。

海外ブランドは、やはり日本のロリィタブランドとは趣が異なり、別の魅力があります。
出会いの幅が広がるのは嬉しいですね!

セレクトショップのデメリット

注意して欲しいのは、もちろんデメリットもあるということです。

・直営店や公式通販の特典がつかない
絶対ではありませんが、基本的にはつきません。
ご予約特典価格が適用されない・ノベルティがつかない。
ノベルティとまではいかないちょっとしたおまけや、ショッピングバッグが同封されないことも挙げられます。

・トータルコーディネイトが難しい
セレクトショップでお気に入りのワンピースを買ったとして、頭ものからお靴からお鞄まで、お洋服に合うものを買うのが少し難しいという点があります。
同一のブランドで買いたいなら、なおのことハードルが上がります。
トータルコーデに慣れていない初心者さんは、セレクトショップよりも直営店で買うほうがおすすめです。
直営店ならあらゆるアイテムがあり、店員さんからコーディネイトのアドバイスももらいやすいです。

まとめ

Victorian maidenは直営店が大阪本店のプレスルームのみなので、個人的にはお取扱店が増えるのは嬉しいです。
デメリットもきちんと知った上で、セレクトショップならではの強みを賢く利用できたらいいなと思います。

【スポンサーリンク】



投稿者: 冬花

30代現役クラロリ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA