クラロリ 冬のコーディネイト

エレガントで上品な、クラシカルロリィタファッションを最も楽しめるのは秋冬
今回は真冬にぴったりなコーディネイトをまとめました。

冬らしいお色

そもそもクラロリには重厚感のある落ち着いた色合いのお洋服が多いので、冬はクラロリらしいファッションを楽しむことができます。

たとえば、ボルドー
赤よりも深い色合いで、上品さと女性らしい華やかさを兼ね備えた、コーデしやすいお色です。
暖色なので、雪降る寒い日にもぴったり。

次に、ブラウンやベージュ系。
自然界の木や土を連想する色合いは、着る本人も見る人も安心させてくれます。
ほっとできるお色ですね。
ウィンターリーフ、ミルクティ、カフェオレ、モカなど様々な名称がありますが、茶色からベージュの系統です。

お色味にもよりますが、も高貴な印象があります。
も着回しやすいお色。

寒色は避けたいですが、青系がお好きなら、ネイビーのような深いお色がいいですね。
あまり明るい青だと、寒々しい印象になります。

ピンクやミント、サックスなどのパステルカラーも、ちょっと考えましょう。
クラロリブランドで発売されるパステルカラーはだいたい春夏ものです。
季節感が違っていないか、着る前に確認してみてください。
ピンク系がお好きなら、スモーキーな色合いがおすすめです。

白や生成りは、ブラウスだけならOKですが、真っ白なワンピースとなると難易度が上がります。
春先にとっておいてもいいかもしれません。

冬らしい素材

冬にしか着られない素材のお洋服は、今のうちにたくさん着ておきたいもの。
別珍やジャカード生地、ゴブラン織り、コール天などなど。
暖かみのある素材が魅力ですが、春先には着られなくなってしまいます。


コットンは通年で着られる素材ですが、軽やかなデザインよりも、重ため、重厚感や気品を感じられるデザインのものを選ぶとなおいいです。

逆に気を付けたいのは、シフォン素材やポリエステル100%。
一部に使っているだけなら別ですが、全体がシフォンやポリエステルのワンピース・ジャンパースカートは避けたほうがいいでしょう。

【スポンサーリンク】



長袖のワンピース

ジャンパースカートは、ブラウスを変えたり、アウターを合わせることにより通年で着られます。
が、長袖のワンピースは夏には絶対に着られませんよね。
お気に入りの長袖ワンピがあるなら、今のうちにめいっぱい着ておくのがおすすめです。

クラロリに限らず、ロリィタさんはお洋服を大切にするので、一張羅として大切にするあまり結局タンスの肥やしに…なんていうことも少なくありません。
でも、お洋服は着るためにあるもの。
あなたが着て初めてお洋服として成り立つものです。
ぜひおしゃれしてお出かけしてくださいね。

重ね着

は重ね着の可能性を無限大に楽しめる貴重な季節です。
ブラウスにジャンパースカートはもちろん、ワンピースの上にジャンパースカートを重ねたり、長袖のワンピースに半袖のワンピースを重ねるのもおすすめです。
ただ、上に着るお洋服にゆとりが必要になります。無理に着ると伸びてしまうのでご注意ください。

Victorian maidenならアンダードレスにオーバードレスを重ねるのもいいですね。
アンダードレスの下にブラウスやワンピースを着ておくのもアリですよ。
オーバードレスを脱いでも違うコーディネイトを楽しめます。

重ね着とは違いますが、幅の広いヘッドドレスやボンネットなど、真夏には暑くてつけるのがつらい頭物を選ぶのもいいです。

防寒対策

トレーナーやダウンジャケットなどは合わせるものではなく、防寒性に優れたアイテムの少ないロリィタファッションは、この季節とても寒いですよね。
長袖のヒートテックやシャツを中に着込む(透けに注意)、カーディガンやボレロをそろえる、ケープ付きのコートにする、長めのドロワーズにする、タイツを重ね履きするなどの対策があります。


冗談みたいですが真面目な話、単純にロング丈のスカートやワンピースを着るのもおすすめです。
くるぶし丈まであるとぜんぜん暖かさが異なります。

詳しくは「冬のコーデに! ロリィタファッションの防寒対策をご覧ください。

まとめ

真夏でもノースリーブは無しのロリィタファッションですが、季節感を無視しているのとは違います。
やはり、冬には冬らしいコーデがすてきですよね。
風邪をひかないように防寒対策もばっちりして、楽しいお出かけをどうぞ♪

【スポンサーリンク】



投稿者: 冬花

30代現役クラロリ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA