【速報】Victorian maiden(ヴィクトリアンメイデン)直営店閉店・現ブランド終了

クラロリの代表的ブランドのひとつであるVictorian maidenヴィクトリアンメイデンが、今年2018年をもって活動をいったん終了し、プレスルーム(本店)を2018年4月8日(日)に閉店することを発表しました。

18’11/30追記
2018年11月30日に発表された「お知らせ」において、以下のことが発表されました。
・Victorian maidenの現ブランド活動は2018年12月末日をもっていったん終了
・2019年春から新作商品をメインに新たなVictorian maidenを展開予定

19’3/1追記
2018年末からいったん活動を休止していたVictorian maidenは、2019年4月頃より活動を再開。
これに先駆けて、2019年3月31日(日)に大阪にて展覧会&試着会を開催予定。

19’4/10追記
2019年4月より活動を再開し、再開後最初の新作である「ヴィクトリアンローズシリーズ」は、公式オンラインショップにて4月1日より予約開始。
同シリーズの商品サンプルが、ケラショップ・アトリエピエロ等の各お取り扱い店で展示。

詳しくはブランドの公式サイトをご確認ください。⇒Victorian maiden公式サイト

4月に活動再開、3/31に展覧会&試着会

2019年3月1日追記

2018年末からいったん活動を休止していたVictorian maidenが、2019年4月から活動を再開することを公式ホームページにて発表しました。
4月から新作の予約受付も予定されています。

それに先駆けて、「ヴィクトリアンメイデンの軌跡」という展覧会&試着会が開催されるそうです。
展覧会では、これまでのブランド活動20年間のコレクション写真などを展示予定。
さらに、4月からご予約受付予定の新作商品の試着会。ただし、展覧会当日のご予約受付はないようで、受付は4月以降。

Victorian maiden展覧会「ヴィクトリアンメイデンの軌跡」
開催日時:2019年3月31日(日)14:00~18:00
会場:A.WOMB 1518 5階 AREA52 D+GALLERY
大阪市中央区西心斎橋1丁目6-23

注意事項などが後日追記される予定なので、必ず公式サイトなどをご確認くださいね。

完全閉店ではなく存続

2018年11月30日追記

2018年始に発表された時点では、オンラインショップも含めて閉店するのかな?という印象でしたが…
「いったん活動終了」として実質閉店、というのはロリィタブランドでは多いですからね。
Victorian maidenという名前もそのまま存続するのかどうか、現時点ではよくわかりませんが、ちょっと不親切な情報だなと感じました。
クラウドファンディングも行っていたので、もしかしたら、それらの成果で新たなVictorian maidenとして続くことになったのかどうかもわかりません。

何にせよ、続報を聞かないととにかくよくわからないというのが現状なので、公式サイトのチェックをおすすめいたします。

Victorian maiden今後のスケジュール

唯一の直営店であり本店でもあるプレスルームは、2018年4月8日(日)にて閉店しました。
現在プレスルームの営業は「毎週金・土・日」の三日間で、その他平日の来店には二日前までに予約が必要です。

・1月の定休日
1~4日、10日、17日、24日
・1月の臨時休業日
13日、21日

さらに2月からは「完全予約制」が検討されているとのことです。
金曜・土曜・日曜であっても事前予約をしなければ来店できないということだと思いますが、詳細は未定です。
来店予定のある方は、ホームページのチェックはもちろんのこと、余裕をもって事前に予約するほうが確実だと思います。

オンラインショップについては明記されていません。
「現ブランドは2018年12月末日をもっていったん終了、2019年春から新作商品をメインに新たなVictorian maidenを展開予定」とされていますが、2019年1月以降はオンラインショップを利用できるのかどうか不明です。
また、これまでの定番商品が、2019年春以降も発売されることがあるのかどうかもわかりません。

【スポンサーリンク】



今後の商品展開

今後は、20周年記念商品と再販アンケート集計結果を参考にした商品の発売が中心になるようです。

20周年記念として、下記商品が発売中。(完売あり)
・Anniversary クロスペンダント(ゴールド・シルバー)
・ヴィクトリアンレディバッグ(ブラック・アイボリー・ボルドー・モカブラウン・カーキグリーン・ゴールド)
・ロココブーケメンズシャツ(ロココブラック・ロココミント・ロココグレージュ・ロココピーチ・ロココピンク・ロココブルー)

再販商品として、下記商品が発売中。(完売あり)
・エレガントリボンキャノチェ
・バッスルロングドレス
・ジャスミンワンピース

下記商品が予約を開始しています。(予約が終了しているもの・完売しているものもあります)
・クラシカルドールロングドレス
・クラシカルドールドレス
・フードケープ付エレガントコート
発売日時は未定です。

さらに「ノーブルクイーンドレス」が再販予定として発表されています。
発売時期は未定です。

これまでに閉店・倒産・撤退したロリィタ系ブランド

・BLACK PEACE NOW(ブラックピースナウ)
ゴスロリブランドとして人気だったBPN、ピースナウ(メンズ含む)。

・h.NAOTO(エイチナオト)
パンク寄りのゴスロリブランドとしてロリィタフロアには必ずあるほど人気でしたが、直営店は全店閉店しました。
セカンドラインのブラッド、フリルも含みます。
通信販売は継続しているようです。

・BLUE ROGUE(ブルーローグ)

・Cornet(コルネット)

・PUTUMAYO(プトマヨ)
若者向け・初心者向けとして親しまれたカジュアル寄りのロリィタブランドPUTUMAYOは、2017年12月10日をもって公式オンラインショップ閉店、新宿マルイアネックス店は2018年1月28日閉店。

・EXCENTRIQUE(エクサントリーク)
ロリィタ色の薄いクラシカルなブランド。
2018年1月末日をもって営業終了、2018年1月14日が新宿店・公式オンラインショップ最終営業日。

・ALGONQUINS(アルゴンキン)
ヴィジュアル系・パンク系、カジュアルテイストも多かったブランド。
2019年3月1日に運営会社が破産。

現在は存続しているロリィタブランドも、大幅に直営店の数を減らしています。

まとめ

Victorian maidenはエレガントで上品な印象のため、「いつか着てみたい」「今は無理だけど憧れ」という方も多かったと思います。
「新たなVictorian maiden」というのが、どのような傾向のお洋服を展開していくかわかりません。
ぜひ後悔のないお買い物をしてくださいね。

上品なクラロリブランドVictorian maiden(ヴィクトリアンメイデン)
閉店・倒産・撤退したロリィタ系ブランドまとめ
上品なクラシカルロリィタ(クラロリ)のブランドまとめ
甘めなクラロリブランドInnocent World(イノセントワールド)
サーフェイセスペルなどクラシカルロリィタ必見の海外ブランド
クラシカルロリィタのブランド比較
クラロリとは

ロリィタブランド一覧
ジャンル別ロリィタブランドの比較

【スポンサーリンク】



投稿者: 冬花

30代現役クラロリ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA