ロリィタファッションのコーディネイト実例 甘ロリ編

ロリィタ以外のファッションにも使えるコーディネイトの極意については、【保存版】ロリィタファッションのコーディネイト方法まとめ で書きました。
このコーデ法に沿って、実際の商品でのコーディネイト例を、今回は挙げてみたいと思います。
こういうコーデがおすすめ、というより、5段階の方法からどうやって実際にコーディネイトをするか、という参考です。

BABYを例にして、甘ロリの実践編です。

ロリィタファッションのコーディネイト方法

まずは、おさらい。

1.メインテーマを決める(省略可)
2.メインのワンピースまたはジャンパースカート、あるいは絶対に取り入れたいアイテムを決める
3.差し色を決める
4.全体のバランスを考えながら、小物まで決めていく
5.基本を踏まえた上で、王道でかためるか、あえて遊びを入れるか決める

【スポンサーリンク】



甘いロリィタファッションのコーディネイト

BABY, THE STARS SHINE BRIGHT(ベイビーザスターズシャインブライト)で甘ロリのコーデをしてみます。

1.メインのテーマを決める
いよいよ月末に迫った「ハロウィン」をメインテーマにします。この土日も各地でイベントがありますしね!
サブのテーマは「くま」、せっかくBABYなので、「くまくみゃちゃん」にしてみましょう。

2.メインのワンピースまたジャンスカ、あるいは絶対に取り入れたいアイテムを決める
くまくみゃちゃんが描かれたプリントものをメインに持ってくるのもありですが、せっかくのハロウィンなので、くま耳のNounoursカチューシャをつけてみます。
お耳を飾るレース、おリボンとチャームが可愛いですね。
この決め方は、「絶対に取り入れたいアイテム」です。
カチューシャがブラウンであることと、テーマが「くま」なので全体をくま風にしたいことから、メインのお洋服は「森のりすさんジャンパースカート」。
名前の通りりすイメージのシリーズですが、ブラウンがメインなので、くまさんぽくもなりますよね。
同じシリーズのケープを合わせてしまうと、完全にりすさんになるので、やめておきましょう。

3.差し色を決める
メインのジャンスカが、ブラウンと生成りなので、お色の中心はこの2色になります。
ブラウンと生成りの組み合わせに相性がいい、赤を差し色とします。
差し色というのは、あえて一ヶ所だけに絞ることで意図的にインパクトを与える場合もありますが、上級者向けですね。
一ヶ所だと唐突で浮いている印象になりがちなので、適度に散りばめます。(多すぎると差し色の効果になりませんので、ご注意を)

4.全体のバランスを考えながら、小物まで決めていく
ジャンスカなので、ブラウスが必要です。
「森のりすさんジャンパスカート」がブラウンと生成りなので、ブラウスも生成りでそろえましょう。
オフホワイトより生成りにしたほうが、全体で1枚のワンピースのようにまとまりますね。
同じブランドで買うなら、よほど特徴的なものでない限り、ブラウスは比較的どれでも合わせやすいです。
合わせるお洋服を選ぶブラウスというのは、「Lady Victorian Jewelry ブラウス」のように、丸襟でもスタンドカラーでもない、プルオーバーやカットソーの襟回りのようなデザイン。また、襟回りが大きく開いていて、合わせるジャンスカの上身頃のデザインを選ぶもの。ダメだというのではなく、コーデがちょっと難しいというだけです。
また、今回に限っていうなら「St.Cathedral 〜ロザリオの誓い〜プリンセスブラウス」の生成り×薄生成りレース×ゴールドブレード×ピンクリボン×サックスリボンのように、メインのお色でもなく、差し色でもないパステルカラーが入っているもの。
「ベビードールブラウス」「Petit フリルブラウス」「袖ピンタックブラウス」あたりの生成りが良いのではないでしょうか? 他のジャンスカとも合わせやすい着回しの高さというメリットがあります。
5番は、わたしは4番と同時進行で考えているので、ここで遊びを少し入れるとするなら、差し色にしたい赤のおリボンがついている「Pomme rouge ブラウス」の生成り。
リボンが連なった形の襟回りも特徴的ですし、どの程度合うか画像だけでの判断が難しいので、ちょっと冒険ですね。「遊び」のやり方の一例と思ってもらえれば。

5.基本を踏まえた上で、王道でかためるか、あえて遊びを入れるか決める
今回の場合、王道~! っていうのはないんですが。
適度に差し色の赤を散りばめるために、「スウィートDotオーバーニーソックス」のエンジを入れてもいいですし、何にでも合わせられる万能な「レーシィレースアップソックス」や「チュールレースハイソックス」の白でもいいですね。
遊びを入れたい場合、ハロウィンということで、「ハロウィンゴーストボーダー柄オーバーニーソックス」という手もあります、が…全体のバランスが悪くなる可能性が大きいです。
お靴は「アンティークリボンシューズ」「Sweet Heartシューズ」「リボンリボンワンストラップシューズ」「ダブルクロスシューズ」のような王道のデザインのブラウンを合わせるといいですね。
頭物は最初に決めた通り、くま耳カチューシャ、バッグは「くまくみゃリュック」でしょう!
ポシェットやポーチ、おかおBagよりも、後ろに背負うリュックが良いのではないかと思います。
ポシェットのように正面からも見えると、カチューシャとのテイストの違いが気になるかもしれません。
「Pomme rougeボレロ」のエンジで仕上げはいかがでしょう?
BABYの商品で見当たりませんが、くまの尻尾に見える丸いブラウンのファーを、ブローチピンで取りつけると完成度がアップすると思います。

まとめ

くり返しますが、コーデ推しではなく、コーデの仕方・考え方のお話でした。
クラロリ編は、また後日。

【スポンサーリンク】



投稿者: 冬花

30代現役クラロリ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA