LolitaWardrobeで中国ロリブラお洋服を買ってみた感想

中国のロリィタブランドのお洋服をたくさん扱い、世界への発送に対応している中国サイトは、いくつかあります。
そのうちの一つである、LolitaWardrobeで実際に予約購入をして、無事に商品を受け取ることができました。
特定のブランドサイトではなく、中国ロリィタブランドのセレクト通販という感じです。

中国というと、=パクリ商品という悪いイメージがありますが、ロリィタを愛する方によるロリィタのためのすてきなお洋服とブランドも、もちろん数えきれないほどたくさんあります。
日本国内で正規取扱店があるのなら、手数料や送料や関税もろもろで割高になるとしても、安全料だと思って取扱店を通すほうが絶対にいいです。それは、変わらず今でもそう思っています。
ただ、今回わたしがどうしても欲しかったお洋服のブランドが、少なくとも現在は日本で正規のお取り扱いがないので、賭けに近い気持ちで購入しました。

リスクがあることには変わりないので、おすすめはしません。あくまで個人の感想です。
実際に使ってみた日本人の感想口コミ、レビューを知りたいという方へ、大まかな流れと良かったところ・悪かったところをまとめてみました。

購入の流れ

まず、商品のほとんどが日本と違って受注生産です。これは中国ロリブラに共通する傾向のようです。
日本なら予約枠と通常生産枠とが別にあり、すぐに買える在庫もありますが、LolitaWardrobeでは即納品はあまりありません。
通常販売されるのはキャンセル分や余剰生産分のみなのか、限られたお色・限られたサイズしかありません。
予約だと受け取れるまで期間が空いて不安なので、即納のほうが安心だなと思っていたのですが、日本ブランドと同じ気持ちで発売日を待っていると、欲しいものを買うのは不可能らしいと気付きました。

なので、どうしても買いたいお洋服に出逢った時、予約で購入をしました。
発送予定は約二ヶ月先でした。
期間内に予約すれば購入できますが、かなり人気の商品は期限を待たずに終了するようです。

手順はほぼ日本の通販サイトと同じです。
購入したい商品をカートに追加していき、必要事項を入力して決済に進みます。
アカウント登録はしてもしなくてもいいようで、わたしはしませんでした。

支払い方法はPaypalで、発送方法はEMS(国際スピード郵便)を選択しました。
Paypalが使えるのは、けっこう安心材料です。条件を満たせば補償制度もありますし、怪しげな会社は使えないはず。
逆に口座への振込しか選択できないと詐欺の可能性があります。

DHL、Airmailも選択することができます。
聞き馴染みのある安心感からEMSを選びました。
EMSの場合、発送時に追跡番号をメールで教えてもらえるので、日本郵便のサイトで追跡することができました。(中国から国際交換局へ、国際郵便局にて通関手続き中、など追うことができます)

決済完了すると注文番号が表示されるので、控えておきます。
それから約二ヶ月後、発送通知のメールが届き、一週間後に無事に受け取ることができました。
お洋服の質に関してはブランドによるとしかいいようがないですが、少なくとも今回のお洋服は汚れや傷もなく綺麗な状態で届きました。
縫製にも問題ありません。

ホームページは英語で、メールのやりとりも英語で行いました。
わたしは英語が得意でないので、翻訳ツールを使いましたが、それで充分意思の疎通ができました。

【スポンサーリンク】



良かったところ

・メール対応が神速
Paypalを使うのが初めてで、決済と同時に住所・氏名・電話番号が自動的に送られると知らず、日本語の登録のままで決済してしまったんですね。
当然、日本語の住所氏名のままでは中国のスタッフさんは読めませんし、海を渡って送ってもらえないので、英語表記に直した住所氏名電話番号を、注文番号と一緒にお問い合わせメールで送りました。(メール本文は英語で)
そうしたら、すぐにお返事が来た上に、「入力し直したので正しいか確認してください」という内容で、送信から十分と経っていなかったのでお仕事の早さに驚きました。
日本語で決済してしまったことはトラブルで非常に慌てたんですが、結果的にこの対応の早さでかなり安心して、二ヶ月を待つことができました。

・世界への発送に対応するホームページ
ホームページ全体が英語なので、なんとなくわかる部分が多いです。
わからないところは翻訳で。
また、日本円にするといくらか、日本への発送にはいくらかかるか、というのも選択するだけでわかるようになっているので、自分で計算し直す必要がありません。
とても便利です。
商品代金+EMS送料で、実際に支払った金額と相違ありませんでした。

・メールも英語
中国語だと何が何やらになってしまいますが、メールも英語なので、だいたいの流れがわかります。
わからない部分は翻訳を使って、解読にも自分から送信するにもそれで充分でした。

デメリット

良くなかった部分も率直に書こうと思ったんですが、正直あまりないです。
気になることはありますが、LolitaWardrobeがどうこうでなく、中国ロリィタブランドの問題なんですよね。

日本の正規取扱店であるワンダーウェルトフルールで買ったものも含めて、現在3着の中国ロリブラのお洋服を所持しています。
・季節がずれている
・生地が分厚くて重い
この2点が共通して気になります。
ブランドによるんでしょうし、すべてのブランドがそうではないと思いますが…

・季節感
日本のブランドなら、予約から発売日まで何ヶ月かあるとしても、発売日の季節に合わせてありますよね。
夏に予約して11月頃に発売される冬用コートとか。
中国と日本はそんなに季節感がずれていないと思うんですけど、予約の時点で着たい季節感なので、発売されて手元に届く頃には、もう次のシーズンでないと着られないことが多いです。
夏に長袖が届く、冬に半袖が届く、というような。

・生地が分厚くて重い
ロリィタファッションは基本的に装飾が多いので重いです。
それに慣れていても、びっくりするくらい中国ロリィタ服はさらに重い。わたしが買ったお洋服がたまたまそうだっただけかもしれませんが。
日本のロリブラに慣れた感覚で、「この丈感とこのデザインなら、だいたいこれくらいの重さだろう」と想像する重さの、けっこう上をいきます。
ひとつにはメインの生地が分厚い。同じ綿100%でももっと軽やかな薄手の生地を使ってもいいのでは、と思います。
人によって「生地がしっかりしていて良い」と思うか「野暮ったい」と思うか分かれるかもしれません。
もうひとつ、裏地が重い。裏地が欲しいかどうかは好みですが、裏地がなければもう少し軽く、しかも通年で着られるのに、全体じゃなくスカート部分だけにして欲しい、と思ったりもします。
シフォン素材とかなら普通に軽いのかもしれません。

くり返しますが、これらはブランド側の問題であって、セレクトショップ通販サイトのLolitaWardrobe側の問題ではありません。
また、個人の感想なので、参考程度にしてください。

まとめ

あくまで、いち消費者の立場で利用してみた感想です。
LolitaWardrobeをおすすめする記事ではないので、ご理解ください。
海外の通販を使うことは、日本国内よりも多かれ少なかれリスクがあります。
ご自分で安全性を判断してご利用くださいね。

春夏ロリィタファッションの必需品! おすすめの日傘・パラソル
クラロリ・甘ロリさんにぴったりなインテリア・家具でお部屋もお姫様に
⇒持っているだけで女子力UP! 見た目が可愛いコスメ・化粧品ブランドまとめ(プレゼントにも)
初心者・大人も普段着にしやすいカジュアル・シンプルなクラロリ風
海外ロリィタブランドの一覧・まとめ
中国ロリブラ他 海外ロリィタブランドの詳細

【スポンサーリンク】



投稿者: 冬花

30代現役クラロリ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA