クラロリ・ロリィタファッションが3倍楽しくなるコーデ方法

「ロリィタデビューをしたいけど、コーディネイトの足がかりが欲しい」
「一着目は欲しいのを買ったけど、二着目以降をどうすればいいかわからない」
「明日、何を着ていこう?」
コーデの悩みは尽きないですよね。

今回はクラロリに限らず、デビューから日常まで、ロリィタさんにおすすめのコーデ方法をまとめてみました。
絶対に買いたいお洋服がある・お目当てが決まっている場合は除きますね。

まずはお買い物をするときから。

友達につきあってもらう

ロリィタ友達がいるなら、お買い物につきあってもらうのが一番早いです。
ジャンルが違ってもたいていは大丈夫。
また、自分では着ないけどロリィタファッションが好きで詳しい友達も大変心強いです。

好きなジャンル・ブランド・お色・モチーフなどを伝えて、イメージを共有しましょう。
自分の中で好みがかたまっていない場合、実際にお洋服を見てみて、気に入ったもの・気になるものをどんどん手にとって友達にも見せてください。
自分ではわからなくても、友達がだいたいの好みの方向性を把握してくれるはずです。

友達がいてくれると試着もしやすいですね。
また、「こっちよりこっちのお色が好き」なども伝えやすいです。

初心者さんの場合、まずはメインのワンピース・ジャンスカから決めるほうがいいですが、ロリィタ友達がいるなら、絶対に取り入れたい小物を最初に決めて、そこからトータルコーディネイトを決めていく上級編もできます。

店員さんに相談する

そんな友達はいないよ、という場合、一番好きなブランドで店員さんにアドバイスをもらうのもいいです。
一般のレディースファッションだと、ずーっとスタッフさんが密着されたりしますが、ロリィタブランドなら多くは「どうぞお手にとってご覧ください」「お鏡の前であわせてみてください」「ご試着もできますよ」と声をかけるくらいの距離感です。
コーデの仕方がわからないことを率直に話して、相談にのってもらうといいですよ。
スタッフさんはそのブランドのお洋服が大好きですから、とっても熱心に、そして楽しく、一緒に悩んでくれます。

やはり好きなお色・モチーフ・形・柄などを伝えることから始めるのがスムーズです。
好みをだいたい把握してもらうと、自分の目には入っていなかった、「それなら、これもお好きなんじゃないですか?」という提案をしてもらえるので、掘り出し物に出会えることも
ちなみに、仲良しの店員さんができると、新作が入荷したとき・ご予約が始まる前など、「これ絶対お客様お好きですよ」と教えてもらえたりするので、ありがたいです。

デメリットとしては、友達と違って、「それはちょっと…」が言いにくい、さんざん相談にのってもらって「買わない」とは言い出しにくい、他のブランドも見るのは気が引けてしまうことなどがあります。
また、スタッフさんはあくまでお仕事なので、こちらとしては本気で「似合わないならそう言って欲しい」とき、「これとこれ、どちらのお色が似合っているかわからないから言って欲しい」とき、なかなか難しいです。友達ならはっきり言ってもらえるのですが。

買う決断ができなかったとき、角が立たない言い方としては、相談にのってもらったお礼を言った後で、
「どちらのお色もすてきですぐに決められそうにないので、もうちょっと悩んでみます」
「すごく気に入ったんですけど、手持ちが足りなくて(月末で厳しくて)…」
「ぜんぶここで揃えたいんですけど、お靴だけはどうしても足が痛いので、他のところも見てみます」
などなど。
後から絶対に買わないとわかっている場合でも、こういう言い方をしたほうが失礼がなくていいです。

ただ、お取り置き・お取り寄せになるとキャンセルはできないので、誤解を招く言い方はしないように注意してください。

テーマを決める

人見知りで、店員さんと話すのは苦手…という方もいると思います。
次におすすめなのが、テーマを決めて、それに沿ったコーディネイトを考えるという方法。
これは、ロリィタ生活が長くなってからも日常的に使えます。

たとえば、今の時期なら「チョコミント」をテーマにしてみるのはどうでしょう?
「チョコミン党」という言葉があるくらい、大好きな人の多いチョコミント。
ブラウンのブラウスに、ミントのジャンパースカート。
ミントのワンピースの下に、ブラウンのアンダースカートをのぞかせる。
ミントのヘッドドレスに、ブラウンのクリップやコサージュをつけてみる。あるいは、髪色がショコラブラウンなら、髪全体をチョコレートに見立てて、ミントのヘッドドレスやミニハット、カチューシャを合わせる。
ミントのオーバーニーに、ブラウンのストラップシューズを合わせて、お鞄もブラウン。
せっかくだから、チョコミントのフェイクスイーツのアクセサリーもつけちゃいましょう! ネックレスやブレスレット、イヤリング、指輪など。アイスクリームに限らず、チョコミントカラーのフェイクスイーツはたくさんありますよ。
アクセサリーを身につけるのがあまり好きでないなら、お鞄にだけバッグチャームをつけるのもありですね。

具体例を挙げると、Angelic Prettyの「Sweet Cream Princess」シリーズは、スイーツのプリント+チョコレートなので、ミントのお色で揃えるだけで完璧なトータルコーデになります。
「お嬢様のクラシカルジャンパースカート」「Fairy Princessスカート」「プチリボン付ミニリボンカチューシャ」のミント、「Chocolate Pieceショルダーバッグ」のブラウンもいいと思います。

【スポンサーリンク】



行き先を決める

「テーマも思いつかない…」という場合、どこへ行くのか決まっているならそれに合わせて、決まっていないなら、まず行き先を決めちゃうのもおすすめの方法です。

たとえば、現在ヒルトン東京で開催中のデザートフェア、「マリー・アントワネットの結婚」に行くとします。
宝石のような、お花のような、見ているだけでうっとりしちゃうスイーツの数々…に、負けないコーデをしたいですよね。
ホテルのラウンジにロリィタファッションで行くことの是非については、たとえ話なので省略しますが、ヒルトン東京の「マリー・アントワネットの結婚」デザートフェアに限っていえば、BABYやPIRATESなどいくつかのロリィタブランドとコラボしており、決められた条件をクリアすると10%OFFで楽しめちゃいます。

マリー・アントワネットといえば、薔薇を愛した気高き王妃のイメージがあります。
クラシカルで美しい薔薇柄が魅力の、Victorian maiden「ロココブーケシリーズ」でまとめるのはどうでしょうか?
やはりマリー・アントワネットといえばピンクや赤のイメージが強いので、メインは「ロココブーケポーレットフリルドレス」のロココピンクで。
「Victorianローズレースタイツ」の生成りは、これだけだとレースのお花がはっきり見えないので、ストッキングの上に重ね履きします。
頭物は、「エレガントローズガーランド」もいいですし、「パールチェーン付ローズコサージュ」のローズかボルドーもすてきです。
「ローズレースマリアベール」のボルドーに、「パールチェーン付きローズコサージュ」のボルドーを添えるのも華やかですね。
「レースロング手袋」のオフホワイトに手を通し、「Victorian Ladyパンプス」のベージュを履いたなら、「ロココブーケレースパゴダパラソル」のロココピンクをさして、さあ、フランスへ出かけましょう。
「メルヴェイユリボントランク」のボルドーに、「Victorian Lady グローブクリップ」をつけておくのを忘れずに。

甘く仕上げたいなら、BABYの「シュガーブーケ」柄もいいですね。せっかくコラボもしていることですし。

悩みも楽しむ

テーマを決めたり、お出かけ先に合わせてコーディネイトするのは、ロリィタ生活が軌道に乗ってからも使えますよ。
デートなら、恋人の好きなお色や形をチョイスするのもいいですね。
コーデを考えるのがつらくなると、せっかくのロリィタファッションを楽しめなくなってしまうので、悩みさえ楽しんでしまうのが一番いいです。
あなたのすてきなロリィタ生活を応援しています!

⇒「初めてのクラロリ⑤コーデの基本」と「初めてのクラロリ⑨コーデ応用と第二の必需品」もご参照ください。

【スポンサーリンク】



投稿者: 冬花

30代現役クラロリ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA