安い甘ロリ・ゴスロリを通販で買える「アンドロミオ」

初心者さんや若い方には、憧れはあっても、なかなかロリィタファッションデビューできないことも多いと思います。
トータルコーディネイトで着るものですが、すべてのアイテムをロリィタブランドでそろえるには約10万円は必要です。
気軽にできるお買い物ではないですよね。
ロリィタファッションの初期費用はいくら?

今回は、甘いロリィタ服(=甘ロリ)やゴシックアンドロリィタ(=ゴスロリ)をリーズナブルに入手できる「AND ROMEO」(アンドロミオ)についてまとめました。
・アンドロミオとは
・アンドロミオを選ぶメリット
・デメリット

実際のお洋服
・甘ロリ
・ゴスロリ・黒ロリ
・クラシカル寄り
・パニエ

アンドロミオとは

AND ROMEO(アンドロミオ)とは、楽天市場にオンラインショップを持つ、ロリィタファッションのお店です。
無地のゴスロリと甘ロリ、パニエを中心に展開しています。

以下、すべて税込み送料込みのお値段です。(この記事を書いている時点での値段です、変更の可能性があるので必ずご購入前に確認してください

アンドロミオでお買い物するメリット

まずは、良いところ・メリットから見ていきたいと思います。

安い
一番はやはりこれです。
甘ロリの代表的なブランドであるBABYやAngelic Prettyなどで購入するなら、ワンピース1枚で3万円はします。
お洋服にもよりますが、5万円、7万円するものも多いです。
アンドロミオの場合、一番お安いワンピースが6,999円からあります。

1万円を越えないお洋服がほとんどです。(越えるものもあります)
文字通り、桁が一つ違います。

多くのアイテムを買えない初心者さんや、経済的に余裕のない学生さんに嬉しいお値段設定です。

怪しいブランドではない
これからロリィタファッションを着ようとしている方が絶対にやらないほうがいいのが、「ロリィタ 安い」などのキーワードで検索して、ヒットした商品を通販で購入するということです。
何故かというと、そういった検索で上位ヒットするのは、ぺらぺらで安っぽい布を使った縫製もずさんな粗悪な商品や、有名ロリィタブランドの人気商品の悪質なコピー品・類似品を売っているところが多いからです。
酷いところでは、お金を払っても商品そのものが届かないこともあるようです。
いくら安くても、着られないくらい酷いお洋服なら、そのお金をドブに捨てたも同じですし、盗作の疑いがある商品を買うのは危険です。⇒安いロリィタファッションを通販で買うリスク
安いお洋服を買いたいけれど、どこのお店が安心して利用できるかわからないという初心者さんは多いです。
その点、アンドロミオは怪しいお店ではありません。
もちろん一着3万円するロリィタブランドと同じようなクオリティではありませんが、質がお値段を下回るというような問題もないようです。

通販で購入できる
ロリィタブランドの直営店は少ないですし、お取扱店を含めても首都圏に集中します。
地方在住者やお忙しい人にとって、ネットで買えるのは便利です。
また、利用者の多い楽天市場なので、ポイントでお得になったり、安心して使うことができます。

税込み・送料込みの商品が多い
消費税も高く、送料が大幅に値上げされている昨今、これはとても有り難いです。

アンドロミオを選ぶデメリット

実際に購入する前に、あまり良くないところ・デメリットもきちんとおさえておきましょう。

アンドロミオだけではトータルコーデができない
最初に書いた通り、ロリィタファッションとはトータルコーデで着るものです。
ジャンパースカート1枚を買ったらすぐに着られるわけではなく、それに合わせたブラウスはもちろん、頭物(ヘアアクセサリー)、ソックス、お靴、バッグが必要です。
アウターやお傘が必要なこともあります。
ロリィタファッションデビューに必要なもの
すべてをロリィタブランドで買いそろえる必要はありませんが、全体のバランスがとれたコーディネイトをしなければおかしいです。
ただ、アンドロミオは現在、ワンピース、ジャンパースカート、スカート、ブラウス、パニエのみの展開が基本です(今後、変更の可能性はあります)。
なので、どうしても他のお店でヘッドドレスなりカチューシャなりの頭物やシューズ類を買い求めなければいけません。
お洋服自体も絶対数が少ないです。

実物を見てから買えない
通販で買えるのは大きなメリットでもありますが、画像だけでは実際の質感などがわからないのはデメリットでもあります。
届いたときに、写真から受けるイメージ通りであるとは限りません。
また、サイズはきちんと確認してから買いましょう。

プリント・柄物がない
今後変わる可能性はありますが、花柄などはありません。

「ロリィタブランド」と認識されないこともある
アンドロミオ自体が、現役ロリィタさんには「初心者さん・若者向けのブランド」として認識されていることが多く、BABYやPrettyのような大手と同列のロリィタブランドとは認識されていないほうが多いです。
ロリィタファッションが好きな方は、各ブランドの傾向にまで詳しいので、だいたいどこのお店のお洋服か、見ただけでわかるということも覚えておくといいでしょう。

大手ほどのクオリティではない
これは悪口ではなく当たり前の話なのですが、リーズナブルなのですから、人気の大手ロリィタブランドと同等の質を求めてはいけません。
お洋服はお値段相応なので、「激安で高級感のあるもの」はまず無理です。
(ロリィタ服が気軽に買えるお値段でないのは、それなりに理由があり、不当に高いわけではありません。⇒ロリィタファッションはなぜ高い? 安い甘ロリ・クラロリを買いたい人へ
アンドロミオはお値段のわりにはまずまずですが、もしデザインも素材も縫製も最高級のクオリティを求めるなら、最初からBABYなどの大手で買うのをおすすめします。

メリットもデメリットも承知の上でお買い物しましょう。
まずはアンドロミオで始めてみて、それから他のブランドを考えてみるというのもいいと思います。

ゆめかわいい甘ロリ・姫ロリ

女の子の憧れ、王道の甘いロリィタファッションといえば、やはりピンクですね。
大きなおリボンと、白のレース使いが可愛く、バックリボンの裾についたおリボンが甘い印象のジャンスカです。

(8,999円)
淡いピンクがメインで、濃いピンクのおリボンが差し色になっています。

ノースリーブは厳禁なので、ジャンスカにはブラウスも必須です。

(4,999円)

「不思議の国のアリス」を思わせるサックスも、甘ロリの定番です。
アリスはジャンルを問わず、ロリィタファッション共通で好まれるモチーフです。

(7,999円)

白系も、清楚で可愛い印象になります。
花嫁さんのような白ロリは、甘ロリさんの憧れでもありますね。

(↑9,990円)

お色味が入るのも爽やかです。

(6,999円)

セーラ―カラーは女の子の夢ですよね。
春夏に活躍できる爽やかな一枚です。

(7,999円)

こちらもジャンスカなので、ブラウスも忘れずに。

(5,990円)

明るい赤も、甘ロリで好まれるお色です。

(7,999円)

白黒だけでも、こういうデザインは甘く着られますね。

(8,999円)

【スポンサーリンク】



ゴスロリ・黒ロリ

ゴシックアンドロリィタと黒ロリは別物ですが、黒がメインになるという共通項があります。⇒ロリィタファッション用語集
アンドロミオは黒いお洋服の展開が多いので、お好きな方はチェックしてみてください。

代表的なワンピースで、長い人気を誇ります。

(7.999円)

(7,999円)

豪華な印象のワンピースも。

(8,999円)

長袖のワンピースは1枚でコーディネイトが決まるので、ブラウス+スカートの組み合わせに比べると、初心者さんも入りやすいです。

(9,999円)

ゴシックアンドロリィタ(ゴスロリ)では、黒以外のお色もありです。
ボルドー・ネイビー・紫・白などが多いです。

(↑ 7,999円)

(8,999円)

クラシカル寄り

アンドロミオでは、基本的にクラシカルロリィタ(=クラロリ)はありません。
ただ、お洋服によっては少しクラシカルに寄せることができます。

(8,999円)

(7,999円)

甘いピンクやサックスを避けて、落ち着いた色合いを、リボンやフリルの飾りが少なめのものを選ぶと少しクラシカルに寄せられます。
ボルドーはクラロリでも好まれるお色です。

スカートには、カットソーよりブラウスが合わせやすいです。
カットソーがダメなわけではありませんが、カジュアルなテイストが入るのでコーデの難易度が少し上がります。

(5,999円)

パニエ

上記でご紹介したお洋服の撮影には、すべてパニエが使用されています。
アンドロミオのお洋服はパニエを入れる前提でつくられているデザインがほとんどなので、パニエなしにするとスカート部分がもさっとした印象になります。

(4,799円)

大手のロリィタブランドでは1万円以上することの多いパニエが、アンドロミオならリーズナブルで、お値段のわりに綺麗に広がると好評です。
特に甘ロリでは、パニエは消耗品なので(時間が経つとしぼんでしまいます)、お洋服は大手のブランドにしてパニエのみアンドロミオという方も多いです。

(5,799円)

パニエで広げると、階段やエスカレーターなどでスカート内が見えやすくなるので、必ずドロワーズも着用してくださいね。

まとめ

初心者さんや若い方に購入者の多いAND ROMEOについてまとめました。
メリットとデメリットの双方を把握した上で、後悔のないお買い物をしてください。

ロリィタファッション用語集
ロリィタファッションの種類とジャンル
知らないと損! 安いクラロリ・ロリィタファッションをおすすめできない理由
初心者・大人も普段着にしやすいカジュアル・シンプルなクラロリ風
【具体例】初心者さん向けの安いクラロリ・ロリィタブランドまとめ
痛ロリとは呼ばせない! ロリィタファッション初心者に多い7つのミス
【保存版】初心者のロリィタファッションデビューまとめ

ロリィタブランド一覧(読み方と簡単な傾向)
ジャンル別ロリィタブランドの比較
上品なクラシカルロリィタ(クラロリ)のブランドまとめ
甘くて可愛いロリィタファッション(甘ロリ)のブランドまとめ
退廃美が特徴的なゴスロリ(ゴシックアンドロリィタ)のブランドまとめ
和風ロリィタ(和ロリ)を扱うブランド
華ロリ(中華風ロリィタファッション)の特徴とブランド

【保存版】ロリィタファッションのコーディネイト方法まとめ

【スポンサーリンク】



投稿者: 冬花

30代現役クラロリ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA