クラシカルロリィタ・クラロリとは

「そもそもクラロリとは?」
「どんなお洋服のこと?」
「ゴスロリとどう違うの?」

初心者さんに多い疑問をまとめてみました。
クラロリの入門編です

クラロリとはクラシカルロリィタのこと

クラロリというのは、「クラシカルロリィタ」の略称です。

ざっくり説明すると、ロリィタファッションの一種です。(そうしたお洋服を着る人のことも指します)
ロリィタファッションという大きなカテゴリの中に、クラロリというジャンルがあるのです。
(ナボコフの小説に起因するコンプレックスとはなんら関係ないので、その点だけは誤解なきよう…!)
ロリィタファッションの種類とジャンル

甘ロリやゴスロリと区別するための名称

ロリィタファッションと聞くと、まず何を思い浮かべますか?
これでもかと重ねた生地に大きなリボン、装飾過剰なレースにフリル、ふりふりひらひらした、小さい頃に読んだ絵本の中に出てくるお姫様のようなお洋服…
ですよね!

このようなお洋服を、特にカテゴライズする際は「甘ロリ」と呼びます。 (姫ロリと呼ぶことも)
正統派の王道ロリィタファッションですね!
BABY, THE STARS SHINE BRIGHT、Angelic Prettyが有名です。
代表格であるからこそ、あまり普段から、特に甘ロリと連呼しない気がします。
やはり、ロリィタファッション≒甘ロリのイメージがあるからですね。
ロリィタファッション用語集

詳しくない人や、マスメディアがロリィタファッションのことを全部ひっくるめて「ゴスロリ」と呼んでしまうケースが多々ありますが、実はこの「ゴスロリ」は誤用です。
ゴスロリとはゴシックアンドロリィタの略称で、その名前の通り、ゴシックとロリィタファッションが融合したジャンルです。
甘ロリやクラロリと同じく、ロリィタファッションの中のひとつのジャンルです。
モノクロ、特に黒をメインとすることが多く、白・ネイビー・ボルドー・紫などが差し色に使われます。
ダークで、少し辛口で、棘を持つ薔薇のような、朽ちた古城のような退廃的な雰囲気があります。

これらの甘ロリやゴスロリと区別するために、ジャンルとしてのクラロリという言葉が使われます。
ただ単に「ロリィタ」という場合、ロリィタファッション全般か、甘ロリを指すことが多いです。

和風な和ロリ、中華服と融合した華ロリ、軍服テイストのミリロリなど、他にもたくさんのジャンルがあります。
ロリィタファッションの種類とジャンル

クラロリの特徴

甘ロリ=お姫様
なら、
クラロリ=お嬢様
と、想像すると、わかりやすいです。

クラシカルという名称通り、甘ロリに比べると、ふりふりひらひらやリボンなどの装飾が控えめで、上品です。
可愛さだけでなく大人びた落ち着きがあり、エレガントな優雅さが魅力的です。
パニエを入れない人も多いので、物理的なボリュームも控えめです。
クラロリはパニエをはかなくてもいい! アンダースカート・ペチコートの使い分け

また、甘ロリはピンクやサックスなど、砂糖菓子みたいなパステルカラーが多いのに対し、クラロリは同じピンクでも少しくすんだスモーキーな色合い、または非常に淡いお色。
白・生成り、シナモン、ネイビー、ボルドーなど、全体に落ち着いたお色が多いです。

古き良き時代のお嬢様、中世貴族のご令嬢、英国女学生のような雰囲気がクラシカルロリィタ独自の持ち味です。
アンティークな西洋人形、お花畑で花冠をつくっていそうなカントリーな雰囲気もあります。

ロリィタファッションの定番ともいえるヘッドドレスやボンネットもありますが、甘ロリよりもシンプルな傾向です。
クラロリに似合う頭物・ヘアアクセサリーまとめ

ストラップ付の、ローヒールより若干高めなお靴や、編み上げブーツが多く、ロリィタファッションの中でも特に露出を控えます。

金髪の縦ロールより、黒からブラウンのナチュラルな髪色が主流で、ストレート人口も多いです。
もちろん、巻いている方もいますが、ドリルのようながっつりより、ふんわりめなカールです。
ウィッグを使っても構いませんが、地毛の方が多いです。
クラロリの髪型とヘアアレンジ

メイクも盛り過ぎず、ナチュラルな上品さが好まれます。
※あくまでも仕上がりが自然に見えるナチュラルメイクのことであり、手抜きメイクという意味ではありません。また、すっぴんは基本的にNGです。
クラロリのナチュラルメイクの仕方(基本)

そうした特徴から、元々クラロリがお好きな方はもちろん、
「ロリィタに挑戦してみたいけれど、甘ロリは着る勇気が出ない」
「可愛いお洋服を日常着にしたい」
「年齢が気になって一歩を踏み出せない」
という方に大変おすすめなのです!

ロリィタファッションの不思議なところは、「嫌いなお洋服」でも、「一度でいいから着てみたいお洋服」でも、けっこうトップになること。
せっかく「一度でいいから着てみたい」と思っても、BABYやPrettyのような王道の甘ロリはハードルが高いという方は、ぜひクラロリのお洋服を見てみてください。

普段は甘ロリを愛用していて、甘ロリが着られない日でも気に入らないお洋服なんて着たくないという方にもクラロリはおすすめです。
クラロリにも乙女心をくすぐる夢のようなお洋服はたくさんありますし、ロリィタファッションが嫌いな人とも会えそうなシンプルなものまで幅広いです。

女性にとって三十路への突入は一大事で、わたし自身もそうですし、周りを見ていても、やはりアラサーと呼ばれる年齢になると「卒業(=ロリィタをやめる)」を考え出します。
ですがクラロリは、二十代後半からこそ着こなせるのではないかと思うのです。
十代で着てもすてきだと思いますが、やはり「大人の洗練された上品さ」のようなものが加わると、全体的な魅力が増しますよね。
子どもっぽい雰囲気だと着こなせないお洋服も多いです。
年齢でロリィタファッションを諦めることはないと思いますが、それがネックで躊躇してしまうなら、クラロリから始めてみたら、新たな一歩が踏み出せるかもしれません。
「何歳までOK?」クラロリ・ロリィタファッションと年齢

【スポンサーリンク】



クラロリという流儀

クラロリに限らず、ロリィタというのは、単なるファッションではなく、生き方でもあります。
生き方というと大袈裟に聞こえるかもしれませんが、考え方や価値観に影響する流儀・スタイルというとわかりやすいかもしれません。

一般的なレディースファッションでは、トレンドを追うこと、周囲と同じようであることを大切にしている、つまり「世間からどう見られるか」を優先しています。
たとえば、赤いワンピースを買ったとしたら、その年のその季節のトレンドカラーが赤だから、という具合です。
そうすると、次のシーズンにはトレンドが変わっているため、そのワンピースは「流行遅れ」となり、短いスパンでお洋服を買い替えていくことになります。

ロリィタさんは流行にながされるのを嫌がり、自分の好きなもの、自分の中での流行を大切にする、つまり「他人からどう見られるか」ではなく「自分がどう在りたいか」を優先しています。(もちろんTPOには合わせます)
トレンドと関係なく、自分が赤が好きだから赤いワンピースを買います。
好みが変わらない限り、一枚のお洋服を年単位で大切に着る傾向があります。

どちらが良いとか悪いとかではなく、スタイルの違いです。

流行が関係ないという特徴から、第二の一般レディースブランドとの違いが生まれます。
「再販」が多いということです。
普通のレディースブランドでは、どれだけ人気な商品だとしても、次のシーズンにはトレンドでなくなるわけですから、「再販」という概念は通常ありません。
しかし、世間での流行が関係なく、それぞれの定番商品を持つロリィタブランドでは、度々あります。
もちろん人気のお洋服に限りますが、再販するほど人気なものはすぐに完売してしまいます。
何年も前の、十年以上前のお洋服の再販が熱望されることも少なくありません。
「再販アンケート」がとられることもよくあります。

クラロリの代表的ブランド

クラロリの代表的なブランドといえば、Victorian maidenInnocent World
ひとくちに「クラロリ」といっても、雰囲気が異なり、見事に棲み分けがなされています。

Victorian maiden(ヴィクトリアンメイデン):エレガントでクラシカル要素多め
プレスルーム(本店)は2018年4月8日(日)に閉店、現ブランド活動は2018年12月末日をもっていったん終了、2019年春から新たなVictorian maidenを展開予定(18’11/30追記)
Victorian maiden閉店・現ブランド終了

Innocent World(イノセントワールド):甘くロリィタ要素多め

どちらも直営店の他、公式サイトで通販を利用することができます。
初心者さんは特におさえておきたいブランドです。

その他のさまざまなクラロリブランド、一部お取り扱いもあるorテイストの似たブランドについては「上品なクラシカルロリィタ(クラロリ)のブランドまとめ」もご参照ください。

クラシカルロリィタのブランド比較
サーフェイセスペルなどクラシカルロリィタ必見の海外ブランド

まとめ

クラロリとは、クラシカルロリィタの略称。
落ち着いたお嬢様風の上品な装いが特徴的なロリィタファッションの一種。
Victorian maidenInnocent Worldが代表的なブランド。

クラロリ・甘ロリさんにぴったりな家具・インテリアでお部屋もお姫様に
⇒持っているだけで女子力UP! 見た目が可愛いコスメ・化粧品ブランドまとめ(プレゼントにも)

⇒初めてのクラロリ
1.クラロリはパニエをはかなくてもいい! アンダースカート・ペチコートの使い分け
2.どこからがクラロリ? 線引きと安いお洋服について
3.クラロリに身長・年齢は関係ない ピンクもあり(誤解や先入観は損)
4.見られる覚悟と柔軟性 結婚式にクラロリはあり?
5.ワンピース1枚から靴まで クラロリのコーディネイトの基本
6.クラロリ初心者のマナー&ルール
7.クラロリの髪型とヘアアレンジ
8.クラロリのナチュラルメイクの仕方(基本)
9.クラロリのコーディネイト応用と第二の必需品

ロリィタファッション用語集
ロリィタブランド一覧(読み方と簡単な傾向)
ジャンル別ロリィタブランドの比較(甘ロリ・クラロリ・ゴスロリ・和ロリ・華ロリ)
痛ロリとは呼ばせない! ロリィタファッション初心者に多い7つのミス
⇒【保存版】初心者のロリィタファッションデビューまとめ
初めてでも安心して利用できる、おすすめのクラロリ通販ブランド

【スポンサーリンク】



投稿者: 冬花

30代現役クラロリ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA